韓国南西部の珍島付近で旅客船「セウォル号」が沈没した事故では行方不明者の捜索をいまだに続けている。遺族や不明者の家族が政府のやり方に様々不信感を持つ中で、テレビ用に映像の演出があったと、韓国メディアが報じた。

休んでいた潜水士にウェットスーツを着せて水をかけ、直前まで救助活動をしていたかのように装ったという。

「臨場感のある映像が必要」Jキャストニュース

韓国民も失望感を漂わせているという。

韓国ドラマで執拗にお涙頂戴的なストーリーに仕上げ涙を誘う構成ばかりを目にするので、一種のネタづくりとなってしまっている。

船内からでないのに、SOSメールをおくる人物がいたり、酸素を注入したと報道したにも関わらずしていなかたったり。

人の命を商売に利用しようとでもしてるのかと呆れ果てる日本人も。

一刻も早く船内から残された人々を救い出してあげてくださいよ!!

 

これを受けて韓国では

「これらの行動は、全く情けない」「もしこれが事実であり、朴槿恵政府がこれを徹底的に調査して厳罰に処さない場合は、朴槿恵は大統領から退かなければならない」

「大韓民国すべてを破壊してしまいたい。覇気もなく、真実もなく、義理もないし…基本的な良心もない」

このように思わなければならない母国への不信感。

何を頼りに生きればいいのか、残された遺族の無念さは、さらにますばかりだろう。